起床音楽3月22日

ザ・ボサノヴァ・ホテル A Day in the Life of a Fool LIFE! 人生に捧げるコント OP

The Bossa Nova Hotel “A Day in the Life of a Fool”

ボサノヴァです。聴いて気付く方も多いでしょう。NHKの「LIFE! 人生に捧げるコント」の主題歌です。

家に「アマゾンエコー」(AIスピーカー)が届きました。「ボサノヴァをかけて」と頼んだら、急にこの曲をかけてくれました。びっくりでした。研ナオコの「ボサノバ」という曲までかけてしまうところを含めてかなりハイセンスです。スピーカーの大きさのわりに音もいいと思います。

題名だけ読むと”Fool on the hill”を想像しがちですが、この曲はビートルズより古い1959年に”Manhã de Carnaval” (“Morning of Carnival”)という題名でブラジルの映画(ポルトガル語)の主題歌になったのが初出だそうで、その後1960年代には英訳されてアメリカのジャズスタンダードにもなり、フランクシナトラなど多くのミュージシャンが歌っています。

Frank Sinatra – A Day in the Life of a Fool (1956)

なお、フランクシナトラのレコーディングは”My Way”などを収録した1969年とのことで、YouTubeの表記は間違いと思われます。

ちなみに、この「ボサノヴァホテル」についてですが、2009年に日本のレーベルから一枚だけリリースして、その後特に活動がなされていないようです。詳しいことはわかりませんが、なんかもったいないですね。

タイトルとURLをコピーしました