令和2年(2020年)謹賀新年

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は EPSON004-1-1536x1026.jpg です
この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_3294-1536x1152.jpg です

令和2年 外灘・浦南の夜景 中華人民共和国上海市

2020, The Night View of Pudong from The Bund, Shanghai, China.

初めてこのウェブサイトにお越しの皆様、いつも「起床音楽」でお越しになられている皆様、新年あけましておめでとうございます。私は平成16(2004)年から「白衣シリーズ」と題し、風光明媚のどこかに白衣の人が写っているという年賀状を毎年制作してまいりました。今年で16年となりました。多くの方々にご支援をいただき、今や趣味を飛び越えてちょっとしたライフワークになりました。ありがとうございます。これからも継続してまいりたいと思います。 昨年よりYouTubeチャンネルも立ち上げており、今回は動画撮影も行いました。編集してたった1分半程度ではありますが、こちらもご覧いただければ幸いです。

 PCですと右側、スマートフォンですと下部に表示されている「年賀状」のリンクから、これまでの全ての年賀状をいつでも参照することが出来ます。全部見ていただければちょっとした旅気分になれますので、ぜひお楽しみください。また、おすすめの投稿や人気の投稿が自動表示される設定としておりますので、こちらもご覧ください。「起床音楽」は毎日更新しており、ここ2年にわたって毎朝一曲の音楽を紹介しております。よろしければ正月にかかわらず、毎日でもご覧いただければ幸甚です。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_3172-scaled.jpg です

今年は上海を代表する観光地、外灘(ワイタン)から眺める、対岸の浦東(プートン)地区の高層ビル群の夜景を撮影いたしました。撮影は2019(令和元)年11月8日の夜でした。上海はこれまでにないほど清々しく晴れ渡り、日中も青空が広がっていました。最高のタイミングで撮影に挑むことができました。30分に一回、ライトアップショーがあり、浦東のすべてのビル群がシンクロしながら鮮やかなイルミネーションとレーザー光を発します。日本をはじめほかの国ではとても考えられない壮大な光景でした。年賀状に採用した写真もその時の写真です。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_3443-scaled.jpg です

今回、ほとんどの撮影を、上海の出張に同行した後輩が協力してくださいました。本当にありがとうございました。大勢の観光客との重なりやタイミングを見計らいながら、1時間以上にわたってシャッターを切り続けてもらいました。購入したばかりのスマートフォン、「iPhone 11 Pro」で撮影いたしました。最後はあまりの素晴らしい撮れ高に感動いたしまして、動画撮影の際には本当に興奮していたのが伝わるかと思います。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_3156-scaled.jpg です

私は2014(平成26)年から5年にわたって定期的に上海に出張を続けてまいりましたが、昨年をもってその業務が終了することとなり、この11月の訪問が一区切りとなってしまいました。以前からこの外灘の夜景は「白衣年賀状」の候補でありましたが、今年年賀状にさせていただくことによって、これまで上海でお世話になった皆様方へのお礼の気持ちを込めさせていただきました。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_3114-scaled.jpg です

外灘の歴史的背景や観光の詳細はほかのページに委ねたいと思いますが、私がこれまでお伺いしてきた上海は、経済的にも豊かになられて活気があり、少し心の距離が近めですが本当に優しくて親切な方が多く、何より料理は抜群に美味しいです。ぜひ一度上海に旅行されてみてはいかがでしょうか?

最後に、今回も年賀状の印刷をお願いした長崎の写真店、「フォトショップGENTO」さんをご紹介いたします。「GENTO」の皆様には年賀状の印刷のみならず、写真の選定や調整などにたくさんのアドバイスをいただきまして、こちらからの無理な要望にもお応えくださいました。深く感謝申し上げます。昨年からお店が道路の対岸に移転されております(ぶたまん桃太呂の隣、旧県庁側)。お電話番号は変わりませんが、住所は江戸町になっておりますのでご注意ください。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_4169-scaled.jpg です

起床音楽1月20日

Lenny Kravitz “Are You Gonna Go My Way”

「クリスピザ」で一世を風靡し、ローカルタレントとしての出演など、長崎において本当に様々な活躍をなされていた、ティアニー久利須さんの訃報に接し、強い衝撃と悲しみに堪えません。久利須さんは時折Facebookに「Never gets old」とコメントを添えてYouTubeのMVを投稿されていました。今朝はその中から、レニー・クラヴィッツの名曲、邦題「自由への疾走」を起床音楽として、追悼させていただきます。1993年リリース、本当に色あせることのない素晴らしい曲です。謹んでご冥福をお祈り申し上げます。

起床音楽1月19日

川本真琴 “月の缶”

今日は全く私の個人的な趣向で選曲することをお許しくださいm(__)m 皆様が良くご存知のように私が大ファンでして、今日誕生日を迎えられた川本真琴さんの曲です。平成生まれの方から川本真琴さんが誰か分からないという衝撃的なお返事を聞くことも多くなっているのですがwww、今日はその中でも超マイナーな曲です。本当に許してほしい気持ちの反面、多くの方に聴いてほしい気持ちもあります!

「月の缶」はちょうど20年前、2000年にリリースされたシングル「微熱」のB面曲として収録されました。とっても不思議な曲です。フルートは御本人演奏です。フランスの古い歌謡曲のようにも聴こえるし、でも歌詞の内容は中東っぽいし、てゆうか歌詞が全く意味不明ですwww Wikipediaにはディス評論に対するアンサーソングとの記載がありましたが全く持って根拠不明www ただあまりにも不思議すぎて何度も聴きなおしたくなるんですよね。川本真琴さんがメジャーレーベルの時代にリリースした曲は40曲にも満たず、その後現在までのインディーズを合わせても発表曲は100曲を超えません。私はそのほとんどの音源をCDで入手していますが、この曲はその中でも5本の指に入る大好きな曲です!

川本真琴さんって誰? という方に簡単に説明しておきましょう! 福井県のご出身でして、音大はピアノ科を卒業されてます。1996年に岡村靖幸さんプロデュースの「愛の才能」でデビューし、この曲がいきなり大ヒットしました。代表曲は「1/2」「DNA」「やきそばパン」、そのキュートな歌声に当時中学生だった私をはじめ多くの人が魅了され、ミリオンヒットを飛ばしていたのですが、わずか5年の活動の後2001年でメジャー契約を解消します。その後2006年ごろより音楽活動を再開され、現在も精力的な活動を続けられています。 現在はワンマンライブツアーに入られており、先日はライブハウスの名所、「渋谷クラブクアトロ」で盛大なライブを模様されたそうです。私も5月に京都の、こちらも名所と言われる「京都磔磔」のライブに参加する予定ですm(__)m

メジャーの当時はアイドル的な視線で見られることが多かったのですが、その当時から確かなロックの素養に基づいた作曲の試みが行われ、完成度の高い曲が多かった!それは現在も同じです。また、歌詞も心を揺さぶられるものも本当に多いんです! 最もセールスをあげた1stアルバム「川本真琴」に収録された曲の多くは思春期のアイデンティティークライシスを歌ったものが多く、実際に当時の女子高生(私のちょっと上くらいの女性の方々)に強い共感を得ました。「タイムマシーン」とかばりばりの不倫ソングですし、私が最も好きな「DNA」は恋人にのめり込んで自我境界がおかしくなっている(自他の区別がつかなくなっている)危機的な女性のことを歌っている曲です(だと自分では勝手に思っています)。YouTubeにも昔のライブ映像がアップされていますし、現在の「新しい友達Ⅱ(2019年8月8日投稿)」や「ホラーすぎる彼女です(2019年1月19日投稿)」といったMVもかなり完成度が高いので是非ご覧いただきたいと思います!!この2曲はすでに起床音楽で流しているので、リンク張っておきますね!

起床音楽1月18日

Beyoncé “Halo”

名曲ですね!素晴らしい歌詞です!2009年リリースって、そんな前の曲でしたか!全く色褪せません。ここしばらくブログに時間をかけられない日々が続いてまして、あんまり詳しくかけずにいるのですが、しっかり継続してゆきたいと思います。いつもはもっといろいろ書きたいのですが、私と学年同い年ビヨンセさんに関する情報をリンクとして張っておきますのでそれでお許しくださいm(__)m

起床音楽1月17日

Ariana Grande “Into You”