起床音楽7月23日1679曲目

藤井風 “まつり”

あまり地元以外では知られてないことかと思いますが、ちょうど40年前の今日、1982年(昭和57年)7月23日から翌日にかけて集中豪雨が長崎を襲い、主に土砂災害によって300名近くの尊い命が奪われました。後に「長崎大水害」という名前で呼ばれるようになり、毎年この時期には追悼のイベントが行われ、その惨禍が語り継がれています。

今日から長崎の眼鏡橋周辺で催されるイベント「長崎夜市」もそうですが、この時期に行われるイベントには水害犠牲者の追悼と復興の願いを込めたものが多いです。長崎くんちにおいてもそうです。例えば1985年から現在も披露されている「銀山町鯱太鼓」には、災害が再び訪れないよう願う思いと、復興に立ち向かう方々に吉祥が訪れることの願いがこめられているそうです。

元々雨が多いことで知られる長崎は、「ゲリラ豪雨」だとか「線状降水帯」という言葉が流行するずっと前から水害を防ぐための試みが取り組まれてきました。眼鏡橋がかかる中島川には多大な費用と世界最先端の技術をかけてバイパス水路が建設されました。今夜はその水路の上で、3年ぶりに規模を縮小してではありますが、「夜市」が開催されます。私も感染防御に気を付けて伺いたいと思います。

今日の起床音楽は藤井風さんの新曲とさせていただきます。追悼の意味合いを含むこのお祭りのイベントを最も適切に表現していると思います。ぜひお聴きください。

藤井 風 OFFICIAL SITE
藤井 風 幼少期より父の影響でクラシックピアノを始め、中学生になってからはYouTubeにカバー動画を上げ続け、確かな技術と、聴き手を選ばない秀逸なピアノアレンジが各方面で話題に。
藤井風 - Wikipedia
【2022年開催】中島川夏風情~長崎夜市
長崎市が運営する公式観光サイト「あっ!とながさき」。春夏秋冬のイベント、お祭りの情報をくまなく探せます。
長崎大水害 - Wikipedia
鯱太鼓

タイトルとURLをコピーしました