起床音楽11月21日1796曲目

Rasmus Faber “Indian Summer feat. Frida Sundemo”

九州は長袖だと汗ばむような「小春日和」が続いております。今日はスウェーデン出身のトラックメイカー、「ラスマス・フェイバー」さんの「小春日和」という名の曲です。

なぜ英語で「インディアンサマー」というようになったのか、その由来はアメリカ先住民の悲しい歴史にあるようです。様々な知識を前提にしながら、ぜひ美しいハウスミュージックをお聴きください。

Rasmus Faber

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/ラスマス・フェイバー

インディアンサマー (Indian summer) | 文化学園大学 国際文化・観光学科ブログ“小平の風”
暑い夏が過ぎ、今後残暑はあるものの秋は着実に進んでいる。寒さが支配的になってきた頃に暖かな日差しが差し込む日を誰しも経験したことがあるだろう。このよう...

タイトルとURLをコピーしました