起床音楽1月17日1494曲目

Daft Punk feat. Pharrell Williams, Nile Rodgers “Get Lucky”

奇遇にもw、日曜1月23日で起床音楽1500曲&起床音楽係40歳の誕生日を迎えるにあたりまして、今日から7度目の「強化週間」に入らせていただきます! 同じ曲は2度と流さないルールの起床音楽は、時折この強化週間において、惜しげなく超名曲を放出しております!

今回の強化週間はテーマを用意しました! それは名付けて、「DISCO 40」!!!!

今回は1月23日1500曲目に流すことに決めた「あの」大切な名曲を中心に、私が思うところのディスコ・ダンスミュージックで11曲を固めました。なお、毎年恒例の「1月19日」はちょっと例外かもw しかしその19日を含めた11曲の順番にはある重要な法則がありますw ぜひそれも注目してお楽しみいただければと存じます。

さて、今日はこの曲を流せることが嬉しくてたまりません! 個人的に勝手にやっていることなのに、なぜか光栄な気分にさえなります! 昨年惜しくも解散したフランス出身のEDMユニット「ダフトパンク」のこれ以上ない代表曲になります! 2013年リリース、翌年のグラミー賞で最優秀レコード賞を獲った曲です。授賞式では「スティービー・ワンダー(Stevie Wonder)」が共演し、そのパフォーマンスは歴史的なものとして長く語り継がれています。改めてYoutube見ると、ポール・リンゴ・オノヨーコに加えてマドンナやブルーノマーズも大絶賛の表情で身体を揺らす様子は本当にすごいですw 

ヴォーカルはその後「Happy(2018年9月1日起床音楽投稿、1000曲記念幕内ベスト30入り)」で世界に名をはせることとなった「ファレル・ウィリアムス」さんであることを意外と知らない方多いと思います。世界でも最右翼のカッティング! ギターは「日本酒と音楽の店エイジ」のエイジ先輩もイチオシ! 起床音楽でもよく登場している「ナイル・ロジャース」さんです! ほかにも世界的に有名なフュージョンの演奏家が集まって製作されていたとは知りませんでしたm(__)m

今日から「うわ~それきたか!」と唸るような選曲が続いてまいりますよ! ぜひお楽しみくださいませ!!!!

Daft Punk

起床音楽を始めた当初からお世話になりっぱなしの歌詞和訳サイト「洋楽和訳 Neverending Music」「およげ!対訳くん」いずれも和訳をご披露されております。これからも末永くよろしくお願い申し上げますm(__)m

Get Lucky / ゲット・ラッキー (Daft Punk Featuring Pharrell Williams / ダフト・パンク feat.ファレル・ウィリアムス)2013 : 洋楽和訳 Neverending Music
思わず踊りたくなるこの曲。2014年のグラミー賞ステージでのパフォーマンスも圧巻でした。ダフト・パンク(Daft Punk)は、フランスのハウス/ディスコ/エレクトロ・デュオ。 トーマ・バンガルテルとギ=マニュエル・ド・オメン=クリストの2人組。ライブやビデオでは、ロボコ
Get Lucky ダフト・パンク (Daft Punk ft. Pharrell Williams & Nile Rodgers)
この曲,とりわけ前半部分は2013年の音楽とは思えませんでした。70年代のディスコ音楽を思い出させる曲で,最初に聞いた時はカヴァーだと思いましたが,それもそのはず。ChicのNile Rogersが参加しています。まさかDaft Punkの曲でこれも予想していませんでした。 T...
ゲット・ラッキー - Wikipedia
ダフト・パンク - Wikipedia
ファレル・ウィリアムス - Wikipedia
ナイル・ロジャース - Wikipedia

この楽曲に参加したベーシストやドラマーたちも非常に有名な方々なのだそうです。これからも勉強させていただきますm(__)m

ポール・ジャクソン・ジュニア - Wikipedia
ネイザン・イースト - Wikipedia
オマー・ハキム - Wikipedia

ファレルウィリアムスさんの名曲「Happy」です。たしか韓国から来た医師の方々と中州で朝まで飲んだ後、博多駅の吉野家でブログを書いた記憶があります。ずいぶん昔の記憶に感じますが、まあ、3年半前のことですw

タイトルとURLをコピーしました