起床音楽5月14日1609曲目

The Velvet Underground “White Light/White Heat”

先日偶然「映像の世紀バラフライエフェクト」というNHKの番組を見ました。一枚のレコードをきっかけにチェコスロバキアで革命が起きたというエピソード、お恥ずかしながら存じませんでした。今日は1960年代後半ごろに人気を博した米国ニューヨークのロックバンド「ヴェルベット・アンダーグラウンド」の楽曲から、その革命のきっかけとなったとされるアルバムレコードのタイトル曲を選ばせていただきました。ビートルズが「ホワイトアルバム」を発売した1968年のリリースです。

いわゆる「ドラッグソング」というものになります。YouTubeの公式チャンネルで先に目にしたのはおそらく「テイクワン」と思われる長いバージョンです。公式にリリースされたものよりいい感じのハードロックになってますのでこちらを選曲させていただきました。公式バージョンとあわせてお聴きください!

映像の世紀バタフライエフェクト
1995年に放送を開始した「映像の世紀」の新シリーズ。蝶の羽ばたきのような、ひとりひとりのささやかな営みが、いかに連鎖し、世界を動かしていくのか?世界各国から収集した貴重なアーカイブス映像をもとに、人類の歴史に秘められた壮大なバタフライエフェクトの世界をお届けする。
歌詞和訳 The Velvet Underground – White Light/White Heat コード | 洋楽譯解
68年発表の第2作アルバム White Light/White Heat の表題曲/開始曲。 White Light/White Heat (Lou Reed) G (White ...
ヴェルヴェット・アンダーグラウンド - Wikipedia
ルー・リード - Wikipedia
ビロード革命 - Wikipedia
ヴァーツラフ・ハヴェル - Wikipedia

ヴェルベット・アンダーグラウンドには、私にとって非常に思い入れのある一曲がございます。起床音楽初期のころによくやっていた「日曜の朝」という題名の曲を日曜の朝にかけるシリーズでこのロックバンドの「Sunday Morning」という曲を流したことがございます。コアなファンに愛される歴史的な名曲なのだそうですね。歌詞が非常に深いです。ぜひお聴きください!(2018年2月25日107曲目)

タイトルとURLをコピーしました