起床音楽8月23日

SKY-HI “Double Down”

今夜、鳥栖・駅前不動産スタジアムで開催されるJ1リーグ戦で、元スペイン代表の偉大なる選手、フェルナンド・トーレス選手が現役を引退されます。苦労してチケットを取得し、今日は現役最後のプレイを拝見すべく、午後の仕事を休みにしてスタジアムに向かう予定です。

これにちなんで、今朝はトーレス選手にちなんだ音楽を探したのですが、どうしても見つけることが出来ませんでした。現在サガン鳥栖でのトーレス選手のチャント(応援歌)はBoys Town Gangの「Can’t Take My Eyes Off of You(君の瞳に恋してる)」なのですが、これは早々に流してしまったし(2018年11月5日)、どうしようかと悩みました。そんなときにハーフタイムショーとして「スカイハイ」というラッパーがパフォーマンスするとのアナウンスがありました。え、布袋寅泰?(←それは「フライハイ」!)

「SKY-HI」こと日高光啓さんは、何度か紅白歌合戦にも出場していたヴォーカル・ダンスグループ「AAA(トリプルエー)」のメンバーです。グループとしての音楽は私正直あまり好きではなかったのですが、Wikipediaによると、彼がラップを始めたきっかけが、私が尊敬してやまない「RHYMESTER(ライムスター)」だったとの記載があり、私は偏見が180度入れ替わって興味に変わりました。YouTubeでもっとも再生回数の多いこの曲。「ダブルダウン」は「倍賭け」、リスクをとって高配当を得ようとする意味です。ヴァースを聴けば、分かる人は分かるはずです。明らかにライムスターの曲「ロイヤルストレートフラッシュ」に影響を受けています!

今日は、一生に一度しか立ち会えない最高の試合を拝見できる、この人生に感謝です! 有終の美というものをしっかり見届けたいと思います!!!

起床音楽8月21日

Tuxedo “Do It”

残暑を吹き飛ばす軽快なダンスチューンです。踊っている人はめっちゃ暑苦しいですけどww  「タキシード」はもともとそれぞれが活躍していたシンガーソングライターとヒップホッププロデューサーがユニットを組んでファンクミュージックを現代風にチューンアップした曲を作っておられるそうです。この曲にも元となった80sの曲があるそうですが、たぶんいつか流すと思うので今日は直リンは貼りませんm(__)m

起床音楽8月20日

Round Table Knights feat. Ogris Debris “Say What?!”

連日「#引っ越し作業 #掘り出し曲」としてお送りしてまいりましたが、今日で一応の一区切りとしたいと思います。「マーガレット」から計6曲になりました。最後はいちばんEDMっぽいチューンです。ユニット名が「円卓の騎士」ってかっこいいですね。アーサー王? 知らんけどwww スイスご出身の男性2人組ユニットです。SoundCloudでは最近の2年間の新しいリリースはない模様です。クラブイベントなどの活動は継続されているのかもしれません。

今朝の曲は、2011年リリースのアルバムのタイトル曲です。このアルバムを昨日の「フィッシャースプーナー」と同じように、「タワーレコード福岡店」で買ったもののようです。たぶん福岡パルコの新館として改装される前の、西鉄福岡駅ビルの真上にあったんですが、3フロアを独占していて、ほんと買えないCDなんてないってくらいの巨大なレコードショップだったのです!!(現在は1フロアのみ。)2004年開店した当時のプレスリリースが残っていました。現在もCDはタワレコのネットショッピングで買いますが、そういうとこほんとすごいなあとおもいますm(__)m

実はこの曲は、起床音楽を始めた当初から脳内ループとして流れていた曲で、「確かこの音楽のCDもってたよなー」と思いながら、その段ボール5箱分のあまたのCDの中からどうしても見つけられなかったのです。それが今回引っ越し作業で見つかった! という次第でございますm(__)m 実際にはもっと数多くの「掘り出し」があったのですが、YouTubeで視聴できないとか、ある程度記念の日に目的をもって流したいとかそういう理由でストックに留め置いております。生活のリズムが大きく変わっても、起床音楽はまだまだやめられそうにありませんww

起床音楽8月19日

Fischerspooner “We Are Electric”

今日も段ボール5箱分にまとまった数少ない私のCDライブラリの中から、引っ越しの掘り出しとして出てきた曲をお届けしますww いや、少ない方だと思いますよ?ww 現在も活躍するイギリスのEDMユニット「フィッシャースプーナー」の2009年リリースの曲です。当時はパルコが出来る前の「西鉄福岡駅ビル」に3フロアを独占する大規模な「タワーレコード福岡店」があり、そこに足しげく通っては「クラブミュージック」の棚に置いてあるCDを片っぱしから試聴して買いまくっていました。その中の1枚です。

MVはちょっと変ですが、音楽は非常にカッコイイ!「フィッシャー」さんと「スプーナー」さんの二人ユニットでして、蛍光灯をかぶって踊る「キャシー・スプーナー(Casey Spooner)」さんがゲイの方で、その歌詞もLGBTQを主題とするものが多いのです。この曲が収録された2009年リリースの「Entertainment」からなんと9年の時を経て、昨年ニューアルバム「SIR」を発売されまして、当然起床音楽でも流しました(2018年5月22日「Have Fun Tonight」)。MVはどストレートの「男色」でした。今朝の曲が2曲目です。

そもそも「ハウスミュージック」の「ハウス」の由来がシカゴのゲイディスコの名前から来ていたという説があり、 ディスコやハウスがLGBTQや性差別解消という社会的役割を果たしていたとも言われているわけですから、、、かどうかはよく分かりませんが、個人的にとっても好きなユニットなのですm(__)m