起床音楽3月26日

AIR “New Song”

思い入れのある曲をご紹介させていただきます。3月26日ですので「326」、ナカムラミツルさん作詞の曲です。ちなみに誕生日は2月28日なのだそうです。

「19」を脱退して間もない頃、2000年に作詞したこの曲は、真正面から輪廻をテーマにした重みのある歌詞です。おそらく1番と2番の主人公が変わる(青年時と晩年時?)不思議な歌です。私は学生の頃この曲が大好きでした。

この曲をきっかけにAIRのライブにも行きましたが、バリバリのオルタナロックに大変戸惑った記憶があります。AIR、車谷浩司さんの曲は、この曲に限って趣きを大きく異にするものだったのです。たぶん”Ben folds five”のオマージュになるんでしょうけど、ギターレスバンド、つまりピアノ、ベース、ドラムという形態を採用して、穏やかなメロディを奏でます。

現在も326さんはイラストレーターとしてご活躍されています。車谷さんも現在は「Laika Came Back」というひとりユニットで活動されています。

あの頃全力で生きていたかな?もっともっと生き急げられなかったかな? この曲を聴く度に問いかけられます。本当に、多くの方に聴いてほしい一曲です。

タイトルとURLをコピーしました