起床音楽5月6日1601曲目

Triceratops “FEVER”

ほとんど当直三昧だったGW中に私の脳内でループして流れていた曲をご紹介します。結成から25年、現在もオリジナルメンバーで活躍を続けている「トライセラトップス」の代表曲です。ヴォーカルの和田唱さんはお母様が平野レミさん、奥様が上野樹里さんであることもよく知られています。この曲は1998年リリース、私が高校の寮で現役起床音楽係をしていた時ということで、そんなに昔の曲だったのかと、ていうか和田さんが22歳のときに作られた楽曲だったのかとびっくりしております。高校生の時起床音楽で流しただろうか、、、ちょっと思い出せませんm(__)m 今日からお仕事再開という方も多いと思いますので、気合いの入る曲になればと思います。ぜひお聴きください!

トライセラトップスで検索したとき偶然記事を見つけたのですが、つい先日和田さんは、泥酔してライブパフォーマンスを行う歌手に対して苦言を呈されたそうです。和田さんのご指摘の通り、泥酔してパフォーマンスが堕落してもそれが大目に見られた時代もあったのかもしれませんが、今は価値観が違うのです。

泥酔ライブに怒りのトライセラ和田唱、奥田民生の謝罪明かす 「俺も思ってることハッキリ伝えた」(J-CASTニュース) - Yahoo!ニュース
 ロックバンド「TRICERATOPS」の和田唱さん(46)が2022年5月2日にツイッターを更新し、ミュージシャンの奥田民生さん(56)から謝罪を受けたことを明かした。

一般的・平均的な範疇から外れないよう、価値観はいつもアップデートすることに努めなくてはなりません。私立高校サッカー部の体罰の件もそうですが、「昔は良かった」「あの頃は良かった」に固執して体罰を容認する価値観では、この先の未来何も良くならないと思います。いじめだってそうです。先日私の「夫婦別姓いじめ」のツイートは見事炎上いたしました。その時自分の価値観のステータスを見直しましたけれども、やはり、いじめの被害者を不登校にして問題視したり「いじめられないように違いをなくそう」と助言したりする対応は過去の価値観です。いじめの加害者を触法少年として処罰し、休学させカウンセリングなどの修正を施すのがこれからの価値観ですよ。以上、「価値観」に結び付けて言いたいことを言って私がスッキリさせていただきましたm(__)m あ、今日の「スッキリ」気になりますね~w

TRICERATOPS Official Site
TRICERATOPS - Wikipedia
タイトルとURLをコピーしました