起床音楽5月3日1598曲目

MISIA “Higher Love”

良い曲ですよね~、ほんと、良い曲ですよね~。とても昨年リリースされた新曲とは思えないような、何十年も前からジャズの定番曲として歌い継がれていたのではないか、そんな錯覚さえ思うほど素晴らしい楽曲です。作詞作曲は藤井風さんです。1997年生まれの若き才能が、なんて言うのもおこがましいですが、2021年に後世に残るであろう名曲のひとつを生み出したということだと思います。

昨年末の紅白歌合戦での最後のデュエットは、間違いなく4時間の中で最大のクライマックスとなりましたね。穏やかな晴天の祝日の朝、ぜひお聴きいただければと存じます。なお本当は本日1600曲目を迎えるはずだった起床音楽、当該曲は5月5日に延期でございますm(__)m

【公式】MISIA | MISIA OFFICIAL SITE
MISIA OFFICIAL WEBSITE
藤井 風 OFFICIAL SITE
藤井 風 幼少期より父の影響でクラシックピアノを始め、中学生になってからはYouTubeにカバー動画を上げ続け、確かな技術と、聴き手を選ばない秀逸なピアノアレンジが各方面で話題に。
MISIA - Wikipedia
藤井風 - Wikipedia

MISIAさん、そしてMISIAさんのお母様で医師の伊藤瑞子先生が「婦人公論」のロングインタビューで話されており、非常に心が躍った次第でございました。7月には長崎・稲佐山の野外ステージでライブがあるそうです。行こうかどうか真剣に悩んでますm(__)m

MISIAの母・伊藤瑞子「病気になってごめんなさい」3歳の長女が泣いた時、自分を鬼だと思った。周りに謝りながらの仕事と育児でみつけたもの 離島の病院に院内・病児保育室の開設。その姿勢は子供たちへ<前編>|話題|婦人公論.jp
小児科医である伊藤瑞子さんが、長崎県の離島・対馬の病院に院内保育と病児保育の施設をつくったのは、30年以上前のこと。自身の経験から、育児をしながら働く女性を支える環境づくりに関心を寄せてきた。5年前には...
MISIAの母・伊藤瑞子「極端に育児の分担が少なかった夫に一矢報いたいと70代で大学院へ、夫婦で〈育児の共有〉は実現できるのか」 離島の病院に院内・病児保育室の開設。その姿勢は子供たちへ<後編>|話題|婦人公論.jp
小児科医である伊藤瑞子さんが、長崎県の離島・対馬の病院に院内保育と病児保育の施設をつくったのは、30年以上前のこと。自身の経験から、育児をしながら働く女性を支える環境づくりに関心を寄せてきた。5年前には...
MISIA「どんなに成功したとしても独りぼっちは寂しい」ライブで成長した彼女の歌にのせる嘘のない想いとは ジャーナリスト・中村竜太郎の会いたい人に、会いに行く!<前編>|芸能|婦人公論.jp
1998年のデビュー以来、その豊かな歌声で多くの人を魅了し続けている歌手のMISIAさん。2021年の東京オリンピック開会式で「君が代」を独唱し、『紅白歌合戦』でトリを務めるなど、日本を代表する歌手として活躍中で...
MISIA「ライブ会場などでグッズを売り、それを給食費に」歌手活動だけではなくアフリカへの教育支援も行う理由とは ジャーナリスト・中村竜太郎の会いたい人に、会いに行く!<後編>|芸能|婦人公論.jp
1998年のデビュー以来、その豊かな歌声で多くの人を魅了し続けている歌手のMISIAさん。2021年の東京オリンピック開会式で「君が代」を独唱し、『紅白歌合戦』でトリを務めるなど、日本を代表する歌手として活躍中で...

タイトルとURLをコピーしました